RSS

地面の凹み







同じところに雨水が滴り落ち、それが何十年も続くうちに地面を削って、凹みができています。

ものすごいことですね。

もちろんこの地面の強度がそれほどでもない、という事ともあるでしょうけど、水滴で硬いものが削れて行くと言うのは驚きです。

僕は昔、山が好きで滝をよく描きました。
滝といえば、水量も水圧もこんなものの比ではありません。
岩を削り、ほんの少しずつ形を変えて後ろに下がっていき、いずれ消滅する…というのが滝の運命だと何かの本で読んだことがあります。

水の力とは…すごいです。


2020-01-25 00:32:01

見る場所によって見え方が変わる







歩いてマンションの最上階から湾を見下ろしてみました。
見慣れた岩が水面から突き出しています。
なんだか、恐竜の背中みたい^_^

物体は見る場所、立ち位置によって全然ちがう見え方になります。
風景画家はみんなそれをよく分かっています。
だから、描こうとする風景の観察が必要で、見えない部分の想像が不可欠です。

物体に関わらず、物事の全てはそうかもしれません。
見る角度で見え方は変わる。

気をつけないといけない。
2020-01-23 23:13:01

過ぎて行く時間







切羽詰まってきたり、やるべきことが多くなると、時間の流れがものすごく早く感じるようになりますね。

まだまだ余裕を持ってやってたつもりが、結構ギリギリの状態だったということはよくある話です。
前倒しでやってるはずなのになぁ(汗)

いろいろな期日が迫ってきている気がする。
これはまずいー。
頑張らないと。

目の前のことを一つずつクリアしていかないといけません。
まずは一点、描かないと(^◇^;)

ここしばらく、また描けない状態が続いている…
2020-01-21 23:59:01

徒歩での生活







ここしばらく、乗り物に乗らずにどこに行くのも徒歩です。
それなりの距離でも、充分歩いて行くことはできますし、健康的な気もする。

あえてウォーキングなどをする時間がないため、普段から歩くことを心がけないといけません。
都会の人たちはよく歩くと思うんですが、田舎暮らしだとほとんど車ですからね…。
家を出てすぐに車に乗り、降りるギリギリの場所まで乗り付けますから(笑)
全く歩いてない。

真冬の夜でも、歩けば汗ばむ。
なかなかいい気分です。

それにより制作する時間が減るとか、そういうこともあるのですが…、むしろ歩いて気持ちがハイになってるから意欲が湧く。
2020-01-20 23:56:02

展覧会が終了しました!


AQUAで開催の「木の国の作家たち展」
Msギャラリーで開催の「3号展」
どちらも終了いたしました。

多くのご来場、本当にありがとうございました!
どちらもとてもいい機会が持てて、本当に良かったです。

そして、県展も終了しました。

今年は1月から怒涛のように展覧会が重なりましたが、楽しい期間でした。

なにより多くの方に作品を見ていただけたのは最高に嬉しいことです!

1月からこんなだと、今年はどんな一年になるのかな?
展覧会に追われるのはもう慣れてきた。
でもあまり数は増やさない方がきっといい…。
2020-01-19 23:49:01

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
アクセス

大きな地図はこちら

Doi絵画教室
和歌山市広道20 第2田中ビル1F
TEL/073-460-5521
県庁前交差点より徒歩5分
バス「県庁前」下車徒歩6分
バス「真砂町」下車徒歩7分
アバローム紀の国北隣

※ビルの1階と2階に計2部屋。

※専用駐車場はありませんが、
   周辺にはコインパーキングが
   充実しています。

 車でお通いの方にも安心です。

※画材屋さんがすぐ近くで
 とても便利。

※美術館、県民文化会館、
 画廊やギャラリーが集まる
 和歌山の文化の発信地です。





お問い合わせ
Tel.073-460-5521
symp02555@zeus.eonet.ne.jp






リンク

◇土井久幸 作品取扱い画廊

画廊ビュッフェファイヴ

日動画廊

高輪画廊

Galerie PASCALE FROESSEL