blog ~絵描きな日々~
土井久幸のブログです。日々の出来事や思ったことを書いてます。


RSS

クレパスのドロップ









美術画廊に勤めておられた方が知り合いにいます。
その方より「大阪で見つけた」と、クレパス缶のドロップを戴きました。
クレパスと言えば土井さん、と。

これは…(笑)

ユーモアたっぷりのお土産でとても嬉しいです!

クレパスのライセンス商品は色々あるのですが、ドロップは初めて見ました。
注釈に「これはお菓子です。ぬり絵はできません」と書いているところがまた面白いです(笑)

いやー、楽しい。
2018-03-08 09:10:05

高松和樹コーナー







和歌山で見られるのは珍しい。

世界的に活躍している高松和樹の作品が、画廊ビュッフェファイヴに出ています。
今回はサムホールの原画がある。

これはすごい!
そして、とてもいいです!

何度見ても、独自のいい世界観があります。

高松くんに比べると僕はまだまだやなぁ。
これに追いつけるように頑張らないと。
2018-03-06 21:00:26

新しい空気







今年度の終わりが近づき、もうすぐ「アートのわ展」があり、新年度になるとすぐに大人の発表会「PA.KO展」がある。

その間には独立展もありますし、実際に結構忙しい。

そんな中でも年度が変わればまた新しい「事」が始まっていきます。
変化する、そういった空気感がいい。

今年は相当頑張らなければならないイベントが多いです。
そして、来年に向けて充電する年でもあります。

どれだけ動けるか。
自分の可能性を楽しみたい。


2018-03-04 22:20:05

子ども絵画のクレパス画







クレパス画を普段から描いていますが、専門家が描くクレパス画に随分と慣れてしまった感じがあります。

子どもが専門家のような技法で描くと、どうなるのか?

実際にやってみました。

もちろん今までに何度もやってるのですが、今回の小学生はみんな上手い!
写真は小5の女の子です。

一見、クレパスだけで描いたとは思えませんよね。

どんどん上手くなって、色々なものが描けるようになってくる。
指導者としてはとても嬉しいことやなぁ。
2018-03-03 23:26:02

試作品…(^◇^;)








プラネタリウムのドームを作ってみました。

子どもの教室(土井クラス)で、プラネタリウムを作りました。
それを投影するドームが必要なのです。
結構大きな工作になりました。

後は光源を確保しなければ。

こういう工作って、子ども絵画教室ならではです。
普段やらないことをやるって、苦労もあるけど楽しいもんです^ ^

しかし…何だかテントみたいですね。
中に入りたい…( ̄▽ ̄)
2018-03-02 19:41:02

前へ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ
アクセス

大きな地図はこちら

Doi絵画教室
和歌山市広道20 第2田中ビル1F
TEL/073-460-5521
県庁前交差点より徒歩5分
バス「県庁前」下車徒歩6分
バス「真砂町」下車徒歩7分
アバローム紀の国北隣

※ビルの1階なので通いやすい。

※専用駐車場はありませんが、
   周辺にはコインパーキングが
   充実しています。

 車でお通いの方にも安心です。

※画材屋さんがすぐ近くで
 とても便利。

※美術館、県民文化会館、
 画廊やギャラリーが集まる
 和歌山の文化の発信地です。





お問い合わせ
Tel.073-460-5521
symp02555@zeus.eonet.ne.jp






リンク

◇土井久幸 作品取扱い画廊

画廊ビュッフェファイヴ

日動画廊

三浦アートギャラリー

桜塚ギャラリー