blog ~絵描きな日々~
土井久幸のブログです。日々の出来事や思ったことを書いてます。


RSS

田伏勉クレパス画展







クレパス画の第一人者、田伏勉先生の個展が、大阪の帝国ホテル内にあるギャラリー尾山で始まりました。

今回の個展もすごく良かった。

作風の変化がとても心地よい。
描ききっていない作品がオシャレ。
そして色彩が思わぬ感性で描かれていてとても感動しました。

常に新しいことに挑戦するというのはいいですね。
見習いたい。

久々の大阪、とても疲れました。
何だか、日本人にあまり会わなかった気がする…(汗)
2018-03-15 23:08:01

J:COM取材







万葉館で開催中の名草まほろば絵画展、今日はJ:COMの取材がありました。

作品や展覧会の見どころなどを喋りました。

こういった取材は何度かありますが、なかなか慣れないですね。

展示してから少し期間が経っています。
久々に伺いましたが、やはりなかなか面白い施設です。

一階の健康館には和歌浦百景の写真パネル展示があり、それもまたすごくいいです。
和歌浦はやはり綺麗だなー…。

住んでいる場所が近すぎて、気づいていなかった事が沢山あります。

今回、万葉館から企画展の依頼を頂き、もう一度、地元の美しさを再発見できた。
2018-03-13 22:44:01

額縁の準備








展覧会用の大作には、お手製の額縁を使います。

額縁と言っても、角材を45度に切って繋ぎ合わせる、仮縁というやつです。
公募展は額縁が痛みますので、この仮縁が重宝します。

とは言っても、あまりに簡単すぎるものもどうかと思うので、一応斜めに切って、色を塗っています。
この作業、難しくはないのですが、普段からしょっちゅうやっているわけではないので、準備から何からとにかく面倒なのです(^_^;)

作品がまだできていないからそっちを描きたいのに…、本音を言うと、額縁の準備なんてしてる場合じゃないのだが(汗)
2018-03-12 23:21:01

招待状


式典への招待状が続けて届きました。

呼ばれる事にはそれぞれ意味があります。

しかしそれらは何にしても光栄な事だと思います。

一つはDoi絵画教室として呼ばれました。
この教室が一つの法人と認識されて、一つの式典に招待されるとは、始めた頃には思いもしなかった事です。

まだまだ世の中のことを知らない。
2018-03-11 22:02:01

デッサンというもの







ここしばらく、受験希望が受験見込みの学生さんが増え、教室で鉛筆デッサンを見る機会が増えました。

絵を描くための大切な技能です。

最近のアートでは軽視される傾向にありますが、やはりこれができる人とそうでない人とでは、例え抽象画を描いたとしても根本的な差が出ると思います。

ただ受験用のデッサンとなると、それが実践的に使えるかどうかは少し疑問があったりしますが…。

訓練し、描けば描くほど上達の見える課題です。

しかしそれも、学生さんの話。
大人になってから、デッサンの学習が作品に生かされるかどうかはまた別です。
人によっても違うのでしょうけど、その判断がまた難しい。
2018-03-10 10:47:02

前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ
アクセス

大きな地図はこちら

Doi絵画教室
和歌山市広道20 第2田中ビル1F
TEL/073-460-5521
県庁前交差点より徒歩5分
バス「県庁前」下車徒歩6分
バス「真砂町」下車徒歩7分
アバローム紀の国北隣

※ビルの1階なので通いやすい。

※専用駐車場はありませんが、
   周辺にはコインパーキングが
   充実しています。

 車でお通いの方にも安心です。

※画材屋さんがすぐ近くで
 とても便利。

※美術館、県民文化会館、
 画廊やギャラリーが集まる
 和歌山の文化の発信地です。





お問い合わせ
Tel.073-460-5521
symp02555@zeus.eonet.ne.jp






リンク

◇土井久幸 作品取扱い画廊

画廊ビュッフェファイヴ

日動画廊

三浦アートギャラリー

桜塚ギャラリー