blog ~絵描きな日々~
土井久幸のブログです。日々の出来事や思ったことを書いてます。


RSS

ヴェロンの日暮れ







三岸さんの家に到着です。
ブルゴーニュのヴェロンという小さな町。
ここは三岸節子のアトリエがあった町です。

三岸太郎さんは、その三岸節子さんのお孫さんになります。

夕食を一緒に食べて、とても楽しいひと時を過ごしました。
夕日が沈むロケーションは本当に美しい。

そして素晴らしいのが、夜になると天の川が肉眼でみえる!!生まれて初めてです。
流れ星も普通に流れる。

それだけ空が広くて澄んでいるってことか…。

明日はスケッチして、取材して…
遅くならないうちにパリに帰らないとね…。


2018-08-16 08:27:01

モレへきました!







シスレーが晩年住んでいたというモレを訪れました。

現場のスケッチでは多くの人に囲まれてなんだか賑やかだったけど楽しかった。
結構話が通じて面白かった(笑)

2時間くらいで10号の水彩画を完成させました。

疲れましたが今日は充実した制作でした。

さてこれから、ブルゴーニュのヴェロンへ向かいます。
招いてくださった三岸さんは、今夜はバーベキューをしてくれると!
楽しみ!


2018-08-16 00:26:01

朝市で花を





ある日、アトリエの前の広場で朝市が。

これは面白いとのぞいてみました。
小さな地元の人向けの朝市。

蜂蜜とソーセージとバラの花を買ってみた。

朝市での初めての買い物です。

朝市の買い物は面白いし楽しい。
そして物もいい。
こういう文化がずっと続いてるってすごいな。

買ったバラの花は花瓶がなかったので、後日シテ島の花市で花瓶を買って生けました。
ダイニングのテーブルに置いてます。

この花瓶は、このままここに寄付やな…。
2018-08-15 03:52:02

クレパス画では







クレパス画の制作も同時に進んでいます。
朝市を描いています。

方法として、こちらは写真取材からの制作。

あちこち写真取材し、その資料をもとに画面を構成する方法です。
今の時代ではこの方法で描いている人が多数だと思いますが、写真をそのまま写すのではなくて、それなりの創作が必要。

タイムリミットが近づいてます。
真剣に取り組みます。


2018-08-14 12:22:01

スケッチ取材で描く







油彩の制作途中。

今回はサンマルタン運河のスケッチ取材を元に描いています。
現地でのスケッチはおよそ30分。
形と感じた雰囲気や空気を持ち帰り、油彩の作品に仕上げます。

風景画制作としては、もっとも一般的な方法です。

感じたのは、日本にいる時より絵の具の乾きが速い?

絵の具と気候が一致するのでしょうか…。
制作するにはとてもいいです^ ^
2018-08-14 12:18:01

前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ
アクセス

大きな地図はこちら

Doi絵画教室
和歌山市広道20 第2田中ビル1F
TEL/073-460-5521
県庁前交差点より徒歩5分
バス「県庁前」下車徒歩6分
バス「真砂町」下車徒歩7分
アバローム紀の国北隣

※ビルの1階なので通いやすい。

※専用駐車場はありませんが、
   周辺にはコインパーキングが
   充実しています。

 車でお通いの方にも安心です。

※画材屋さんがすぐ近くで
 とても便利。

※美術館、県民文化会館、
 画廊やギャラリーが集まる
 和歌山の文化の発信地です。





お問い合わせ
Tel.073-460-5521
symp02555@zeus.eonet.ne.jp






リンク

◇土井久幸 作品取扱い画廊

画廊ビュッフェファイヴ

日動画廊

三浦アートギャラリー

桜塚ギャラリー