blog ~絵描きな日々~
土井久幸のブログです。日々の出来事や思ったことを書いてます。


RSS

丸いパレット







いつか画家になったら丸いパレットを使おう、と昔に決めて、ずっと四角いパレットを使っていました。

実際に四角いパレットの方が使い勝手が良くて…というか慣れてしまって、結局去年までずっと四角いパレットを使ってました(笑)

笠間日動美術館のパレット館へパレットを寄贈したのがきっかけで、新しいパレットを準備することに。
満を持して、丸いパレットを買いました。

まだ1年余りしか使っていませんが、長く使ってる感じになってきましたねぇ(笑)

丸いパレットはそんな事で、僕にとってはちょっとだけ特別なものなのです。


2018-09-11 08:14:01

セーヌのスケッチ







現実的に忙しい毎日を過ごしています。
やることが多い。
それをどうやってこなしていくか、工夫の毎日です。

とにかく毎日毎日、描いていたいと思う。
描くためのまとまった時間を作り出すことは、なかなかに難しい。

いや、むしろ時間がある時に限って、すべきことをやらないのが人間らしい(笑)

フランスにいた時は時間がないから、とにかく仕事しまくったのになー。

9月は大切な時期。
踏ん張って、もうワンランクアップしておきたいね。
2018-09-10 22:14:01

陶芸の展覧会







和歌山近鉄の画廊で陶芸の展覧会をみました。

伊賀焼の谷本洋先生。

全国の百貨店でされていて、和歌山も毎年来られます。
もう何年も前にたまたま初めて個展を見て、声をかけたのが始まりです。
色々な話を聞かせてくださり、別分野ながらとても勉強になったのを覚えています。

僕は陶芸作品の良し悪しや価値をリアルにはわかりません。
しかし実用陶器として使った時の心の豊かさはわかる。

今年、先生は東京でのイベントのために会場にはおられず、会えませんでした。残念…。

僕は同じ絵描きさんとの交流はもちろんいいのですが、別分野の方との交流もとても大切だなーと感じるのです。
これが美術のジャンルでなくとも。

得るものが多い。
そして、その方のバックグラウンドをお聞きするのが楽しいし面白い。
誰もが皆、様々な道を歩いて今に至っているのです。


2018-09-09 00:13:02

新しい挑戦だな…







さぁー、なんだか面白いことを始めましたよ(汗)

以前に画廊から預かった三連になった変形の額縁。
それに合う作品を制作する機会をいただきました。

こんな特殊な形の、しかも3点組作品なんて、一体どーすりゃいいんだ。

とりあえず下地をしっかり作りこみました。

元々、作品の青写真はあったのですが、先日のパリ取材では思ったような取材は結果としてできませんでした。
そこで軌道修正し、新たに思い立った作品を描こうか、それとも当初の考えをそのまま通そうか、少し悩んでいます。

悩む。これこそ制作の醍醐味!

いや、そんな呑気なことを言っている場合ではありません。
エスキース、やり直しや。
2018-09-08 00:07:01

教会の花







フランスで取材した教会の花を、スケッチからタブローに起こしています。まだ途中ですが。
油彩3号。

一度、スケッチ(水彩)で描いていますので、とてもイメージがつかみやすい。

やはり人間、描くことに関しては慣れなんだなー。
同じモチーフを様々なパターンで描くことで、どんどん狙い通りに描けるようになる。

これは額縁が決まっており、それに合わせて描いています。
上手くいくかなー…。


2018-09-07 01:14:01

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
アクセス

大きな地図はこちら

Doi絵画教室
和歌山市広道20 第2田中ビル1F
TEL/073-460-5521
県庁前交差点より徒歩5分
バス「県庁前」下車徒歩6分
バス「真砂町」下車徒歩7分
アバローム紀の国北隣

※ビルの1階なので通いやすい。

※専用駐車場はありませんが、
   周辺にはコインパーキングが
   充実しています。

 車でお通いの方にも安心です。

※画材屋さんがすぐ近くで
 とても便利。

※美術館、県民文化会館、
 画廊やギャラリーが集まる
 和歌山の文化の発信地です。





お問い合わせ
Tel.073-460-5521
symp02555@zeus.eonet.ne.jp






リンク

◇土井久幸 作品取扱い画廊

画廊ビュッフェファイヴ

日動画廊

三浦アートギャラリー

桜塚ギャラリー